ウズベキスタンと中央アジアの旅行情報や政治・経済のニュースなど、現地から「毎日」情報配信しています。

ウズベキスタンの伝統と習慣

ウズベク人は古代から様々な文化を持ち、4世紀に遊牧生活から定住生活に変わったが、民族の大移動やモンゴル侵略時でさえ、ここの文化を変えられなかった。

8世紀前半にイスラーム教が伝わって多少の変化があったが、ウズベク文化への影響は少なく、むしろウズベク文化がイスラーム教を支配していった。

ウズベク伝統儀式は、数多くが子供の誕生と成長、結婚式と葬式に深く関わっており、その儀式はイスラーム儀式と古代魔術が融合している。ムスリムの宗教的な儀式が日常生活に入り、金曜日は祝日と考えられ、男性はモスクでナマズ(共同祈り)をする。

もちろん、現代的な生活は文化に影響を与えたが、多くのウズベクの家庭では年上を尊敬し、家長に従う習慣を何世代も存続している。ウズベクの女性は家庭では母、妻でありながら、家長である主人や主人の父や母に絶対従う。これは差別のようなものではなくて伝統的な習慣である。そして、家庭では子供が愛されるものだ。

また、家長制度はウズベクの特徴である。手厚いもてなしと先輩の方に対する礼儀正しい態度は、ウズベク家族の特性である。一般的にウズベク人は多世帯家族で同居するので、家をできるだけ大きく建てる。家に招待されたお客は、主人の子供達のためにお土産や菓子等を持参するのが習慣。女性と男性は通常別々の部屋に集まり、食事しながら会話するのも特徴だ。

伝統的な社会構造として「マハリャ」が存在し、自らの伝統や文化を持ち、隣人がお互いに助け合う習慣がある。特定の地域では、町、村、地元の自治体機関と近隣関係を持つ独特な共同体である。

ウズベキスタンの民族衣装ウズベキスタンのお祭りウズベキスタンの祝日イスラーム教ウズベキスタンの伝統食

お気軽にお問い合わせください。

メールでお問い合わせはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • お問い合わせ
  • facebook
  • twitter
Copyright © ウズベクフレンズ All Rights Reserved.