ウズベキスタンと中央アジアの旅行情報や政治・経済のニュースなど、現地から「毎日」情報配信しています。

旅行できるの?

ウズベキスタンの国情は安定し、治安は一般的に想像されているほど悪くない。観光客誘致にも力が入り、ビザ取得も簡略化され、ウズベキスタン航空の日本からの直行便も定着した。

ユネスコの世界遺産に登録された4ヶ所(ヒヴァ・ブハラ・シャフリサーブス・サマルカンド)また、無形文化遺産に宣言されているボイスン地区の他、4,000を超える文化的・歴史的遺跡や建造物、豊かな自然など観光の魅力が数多い国である。それぞれが個性的な特徴と人を惹きつける“秘密”がある。

首都タシケントは、中央アジア唯一の地下鉄が走り、真っ直ぐな道路に大きなビルが建ち並ぶ近代都市である。1966年4月に起きた大地震の後に再建された地域が新市街地で、大型ホテルやショッピングセンターなどが点在する。一方、タシケントの北側には旧市街地が広がり、賑やかなバザールや中世の建築物、迷路のような土塀の民家が建ち並ぶ。ここでウズベキスタンの新旧を見ることができるのだ。ウズベキスタンは、他の国では決して体験できない旅が出来る事だろう。

お気軽にお問い合わせください。

メールでお問い合わせはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • お問い合わせ
  • facebook
  • twitter
Copyright © ウズベクフレンズ All Rights Reserved.