ウズベキスタンと中央アジアの旅行情報や政治・経済のニュースなど、現地から「毎日」情報配信しています。

シルクロード

ウズベキスタンの最大の魅力は、何と言っても壮大なイスラーム建築群だろう。空に高くそびえるミナレット、美しい装飾タイルで飾られた壁や印象的な青いドーム。そして砂色した町並み。シルクロードに最も近いイメージの国ではないだろうか。砂漠のオアシスのほとり、月あかりの下でラクダと商隊がまどろんでいる…そんなイメージの国だ。
 
シルクロードとは、中央アジアを横断する古代の東西交易路。中国を起点として、中央アジアのオアシス都市国家群を通り、パミール高原を経て西アジアから地中海に至る。
 
絹は古代地中海では産出されず、中国特産の絹がこのルートによって運ばれたことから“絹の道(Silk Road)”と、19世紀末、ドイツの地理学者リヒトフォーフェンによって命名された。
 
ウズベキタンの人々は、敬意を表し「The Great Silk Road」と呼んでいる。
 
 
シルクロード

お気軽にお問い合わせください。

メールでお問い合わせはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • お問い合わせ
  • facebook
  • twitter
Copyright © ウズベクフレンズ All Rights Reserved.