ウズベキスタンと中央アジアの旅行情報や政治・経済のニュースなど、現地から「毎日」情報配信しています。

自然

ウズベキスタンの地形は、国土の70%が平地。その殆どが西北部のキジルクム砂漠である。また、東から東南には、天山山脈の支脈アライ山脈やザッキール山脈などが迫り、最高峰はタジキスタン国境の4,782mの山。高低の山々と緑豊かなフェルガナ盆地もある非常に多様で印象的な地形である。

ウズベキスタンの気候は、南部は亜熱帯地域で、他は典型的な大陸性気候である。冬は、積雪量は少ないが寒く、夏は暑い日が続き晴れの日が多い。年間の平均気温は+12~+18℃。冬の平均気温は-10~+3℃。夏は平地や山地での平均気温は+25~+30℃。7月の初めから8月にかけてチッラと呼ばれる酷暑期には+45℃を超えることもある。

ウズベキスタンの素晴らしい自然は、様々多種の動物や植物の世界である。現在、ウズベキスタンには10ヶ所の自然保護区があり、草原の砂丘、花咲くオアシス、川、草原、珍しい環境と地形から形成されている。特に砂漠のアイダルクル湖、フェドチェンコ氷河、古代から残存する中央アジア産の杜松(ネズ:ヒノキ科の常緑針葉樹)の林などであろう。

ウズベキスタンには、登山やトレッキング、フィッシングなどエコ・ツーリズム愛好者を誘う多くの自然がある。

お気軽にお問い合わせください。

メールでお問い合わせはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • お問い合わせ
  • facebook
  • twitter
Copyright © ウズベクフレンズ All Rights Reserved.