ウズベキスタンと中央アジアの旅行情報や政治・経済のニュースなど、現地から「毎日」情報配信しています。

ウズベキスタンの歴史

紀元前 : オアシス都市にアーリア系(ソグド人などイラン系)が定住。
宗教はゾロアスター教、マニ教など。

7世紀以降 : トルコ化が進む。またアラブの軍の中央アジア侵入により、イスラーム化が始まった。

9-10世紀 : 西トルキスタンにイラン・イスラム王朝(サーマン朝)誕生。

10-11世紀 : 東トルキスタンにトルコ・イスラム王朝(カラハーン朝)誕生。

13世紀 : チンギス・ハーンの征西により、ブハラ、サマルカンドが壊滅。
第2子チャガタイ・ハーンがチャガタイ・ハーン国建国。

14世紀 : チャガタイ・ハーンを祖とするティムールが、現在のウズベキスタンを支配。首都はサマルカンド。

14-16世紀 : ウズベク族(キプチャク・ハーン=モンゴル人家内の草原にいた遊牧民全体をウズベク族と呼び始めたのが始まり)が、カザフから南下。

1500年 : ウズベク族のシャイバニ朝がサマルカンド征服。

1507年 : ウズベク族のシャイバニ朝がティムール帝国を滅ぼす。
(ブハラ・ハーン国、ヒヴァ・ハーン国、コーカンド・ハーン国など形成)

1865年 : ロシア帝国がタシケントを占領。トルキスタン省が設置される。

1867年 : ロシア帝国がトルキスタン省を設立しタシケントに総督府を設置。

1916年 : ムスリム勢力が植民地統治に対して抵抗運動開始。(1916年隆起)

1918年 : ロシア帝国とムスリム自治運動との戦争。(1924年まで)
ロシアが勝利し、ムスリムの一族はアフガニスタンへ。

1924年 : ロシア帝国「民族的境界画定」を中央アジアで実施。
ウズベク・ソビエト社会主義共和国が誕生し、ソ連邦に組み込まれた。

1990年3月 : カリモフ大統領がウズベク・ソビエト社会主義共和国の大統領に就任。
6月 : 共和国主権宣言

1991年9月1日 : 共和国独立宣言 国名を「ウズベキスタン共和国」に変更

1991年12月 : 直接選挙でカリモフ大統領誕生

1995年4月 : 国民投票で大統領の任期を2000年まで延長

2000年1月 : カリモフ大統領再選

2002年1月 : 国民投票で大統領任期を5年から7年に延長

2007年12月 : カリモフ大統領再選

2016年12月 : ミルジョエル大統領誕生

お気軽にお問い合わせください。

メールでお問い合わせはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • お問い合わせ
  • facebook
  • twitter
Copyright © ウズベクフレンズ All Rights Reserved.