ナボイ通りの新年のイルミネーション

タクシーから:今年から始まったナボイ通りの新年電飾

2017年も終わりに近づいて、町はキラキラしてきた。
9月に新学期が始まって、日本語の他に新しい担当科目が3つ+2ケ月間の研修へ行く同僚の代講もあって、怒涛のように過ぎてしまった。その2ケ月の間、後回しにしていたことを11月にと思ったら、また別の授業が増え…orzそして、もう12月も終わりそう…今まで以上にアッという間の1年だった。
初めてUZに来たのが2007年の1月だから、とっくに10年は過ぎ去った。あの頃から見ればタシケントの町は明るく、キレイになった。物価は5~6倍?スム給料も少しは上がったけど、価値は8分の1位に下がっている。
円に換算したら、1回忘年会行って、タクシーで帰ったら1ケ月分の給料パ~(-_-;)
それでも暮らせているのはUZだからかな…