2日間に渡り「文明のクロスロード言葉・文化・社会の様相」と題しての学術会議。開催を手伝うのは学生達で受付や案内、記録、通訳も…。特に同時通訳は経験を積むチャンス!何日も前から発表原稿を預かり、翻訳してチェックして練習…。準備してても発表の時は違う事をいう人もいるので、上手く対応できるかハラハラです。私は発表を聞いてはいたけど、日本語の間違いないか?聞きやすいか?を気にしてばかりでした(^^;)
←分科会の様子