IMG_0280

UZの婚約には習慣があります。新郎側が新婦の家に、ノン(UZのパン)やケーキ、果物などを持って挨拶に行きます。そこで新郎の父が出席者にノンを分けて婚約成立します。
結納金はないのですが、それにあたるのが結婚式前に新婦のお母さんに渡すお金・・・娘さんを大きく育ててくれて、ありがとうの意味になるそうです。
その名もミルク代という訳で、UZ語で “オナ(母)スト(乳)ニン(の)プル(お金)”